一生懸命にならずして何になる


一生懸命と言う言葉の由来は知っていますか?

 

封建時代に君主から賜った一箇所の領地を

 

武士が命を懸けて守ったことからきた言葉で

 

「一生懸命」は「一所懸命」が変化したものです。

一所(ひとどころに)命を懸けるという意味です。

 

あなたは残りの余生を

 

いつ首を切られるかもしれない恐怖に怯えながら

 

それでも、会社に忠義を尽くそうと考えますか?

はっきりいって【安定や終身雇用】などという幻想の言葉を追い求め

 

ある日突然、リストラと言う理不尽な言葉にバッサリ切られ、路頭に迷う

 

もはや、他人ごとではありません。

 

 

住宅ローン 子供の教育費 突然のリストラ

 

よく考えてみてください

 

会社はあなたを守ってくれるわけではありません。

 

 

不測の事態に対応するため、

 

そして、この不況の世の中を渡り歩いて行くためには

 

何者にも依存せず、どのような状況下でも生き残っていける

 

そんなポテンシャル高き人材になる必要があると僕は考えます。

【何者にも依存せず】です。

このネットビジネスは、一生懸命ではなくとも

 

ひとどころに努力すれば、永久的に稼ぎ続けることができます。

 

一度構築さえしてしまえば、その努力が報われ続けるということです。

 

 

よくfacebookのグループ投稿に

 

オプト記事の連続投稿を見かけますが、

 

典型的な間違った努力の懸け方です。

 

 

コピペで稼げるなどというコピーを真っ当に受けて

 

それなりに努力はしているのでしょうが

 

稼げても3万程度、もしくはそれ以下ではないでしょうか。

このやり方であればすぐにでもお教えできますが

 

目指すべきはそこではないですよね?

努力の懸け所が大事なんです。

 

あなたが何に努力を懸けるのか?

・一年もネットビジネス取り組んでいるのに、月収3万円~5万円ほどの人

 

・一年で月収100万円に到達する人

どちらがいいですか?

答えは言わずともわかりますよね。

 

では、どんなところに努力をすればいいのか?

わからない方が多いと思います。

 

あなたが、このネットビジネスにおいて

 

努力を懸けるべき所をお教えします。

 

何度も言いますが、大事なのは努力の懸け所です。

 

是非、覚えといて下さいね。

 

 

今回の記事が良かったと感じたなら、応援クリック宜しくお願いします^^↙

 

——————————

公式メルマガ

公式ブログ

アメーバブログ

Facebook

Twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

koudai nomuraロジスティクス・マーケター

投稿者の過去記事

インターネットビジネスに取り組み、8ヶ月で月収200万円超え。
その後に始めたAmazonでは初月170万円超える。

その経験を活かし、ロジスティクスマーケターとして
現在では個人や企業向けにコンサルティングを展開中。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

野村広大@南の島のノマドワーカー

Check it out!

Z6PssY3EHyA 
81ad4170bdf4b780be0a41544613de190f08e953_m   
mcevoy2006- 
Big_pol2

Official twitter

Official facebook

PAGE TOP