違和感を感じたこの瞬間

 IMG_3665

 
 
どうも野村です。
 

自分自身の生き方に

本当にこのままでいいのかと疑問を感じ

思いたって、飛び出した20代の頃。
 

既に過去の遺物となった

終身雇用、年功序列、企業内組合雇用

俗に言う「三種の神器」
 

もはや幻想と言うべきこれらを

まわりが求め、探し

それに「すがりしがみつく生き方」に

僕は、ひとり疑問を感じていました。
 
 

『そう思いませんか?』
 
 

相次ぐ銀行の倒産

経費削減と言う名の下の「リストラ」

安定と言われている公務員の給与の減額

職を求め、溢れかえる職業案内所
 
 

そもそも「安定」と言う言葉は

もはや過去の幻想にすぎないと

僕は気づいてしまっていました。
 
 

そして、こんな僕に

鼻っから「安定」など存在しないのに

社会の先輩方はおっしゃってくれてました。
 
 
『勉強して、良い学校に入って

 安定している、良い会社に努めろ!』
 

そんなものは無いにもかかわらずですよ?
 
 

昔であれば「バブル」と言う名の

魔法の好景気上昇気流で

どうとでもなったのかもしれません
 
 

しかし、現代における今は違います。
 
 

もはや、

何となく学校へ行き、何となく就職し、

そして何となく仕事をこなす

こんなルーティンワークで

どうとでもなる時代ではないって事ぐらい

誰でも気づいているわけです。
 
 

僕たちが社会に出たときには既に
 

「就職難」
 

というフレーズさえ広まり始めていました。

 

『僕たち世代はバブルを知りません』

なので、

なにより現実と言うものを知っています
 
 

逆に言うと大半は現実しか見えなくて

夢を描く事すらもできないと思うんです。
 
 

『バブル?』
 
 

そんな過去の話はどうでもいいんです。

なぜなら大事なのは『リアル』だからです。
 
 

この不景気という現代社会を

そして、この『リアル』な世の中を

どう勝ち抜いて、生き抜いて行くかです。
 
 

誰も助けてはくれません
 
 

それはまわりを見渡せばわかることです。
 

僕は見てきましたよ
 

寒い中、駅構内で凍えて眠るホームレス

それを横目に足早に流れていく人の波

経済的理由で施設に預けられる子供たち
 
 

助けてあげたくても

気遣ってあげたくても

明日を生きようとする

その自分自身の事だけで精一杯で

他人の事に構ってあげれる

この時代、そんな余裕すらないんです。
 
 

『あなたには大切な人はいますか?』
 
 

もし、その大切な人が

このような処遇にあったら

あなたは助けてあげれるでしょうか?
 
 

これからの、あなたの行動が

あなたのまわりにも良くも悪くも影響します

これは脅しで煽りでも何でもありません。
 

まぎれもない「リアル」現実です。
 

この時代に求めるべきものは

安く定められた「安定」という名の

幻に想いを寄せる「幻想」ではないです。
 

求めるべきは
 

『何者にも依存せずこんな世の中でも

たった一人で這い上がっていける力』です。
 

立ち上がって下さい、踏み出して下さい
 

甘ったれた考えは捨て

現実から目をそらす事は辞め

そして思考して下さい
 
 

少しでも、共感を覚えてくれたのであれば

その感情をそのままにするのではなく

その意思を示し、行動して下さい。
 

自分の事「リアル」としてとらえて下さい。
 
 

踏み出す踏み出した、あなたへ

僕から価値ある情報を提供します。
 
 

PS 

アメブロランキング南国暮らし 3位

飛ぶ鳥を落とす勢いで上昇中です!

今回の内容がよかったと思われましたら

応援クリックお願い致します!


 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

koudai nomuraロジスティクス・マーケター

投稿者の過去記事

インターネットビジネスに取り組み、8ヶ月で月収200万円超え。
その後に始めたAmazonでは初月170万円超える。

その経験を活かし、ロジスティクスマーケターとして
現在では個人や企業向けにコンサルティングを展開中。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

野村広大@南の島のノマドワーカー

Check it out!

Z6PssY3EHyA 
81ad4170bdf4b780be0a41544613de190f08e953_m   
mcevoy2006- 
Big_pol2

Official twitter

Official facebook

PAGE TOP